それぞれのホテルに、最適なサービスを。

当社では、皆様のホテル特有の機能や動的特性を重視し、個々の特徴を把握できるよう真剣に取り組んでいます。そのため、各施設を正確に分析し、市場形態(一次市場、二次市場、三次市場など)、規模、ミーティングスペースの有無、収益水準、事業構成、現在の収益管理サポート体制といったデータを収集します。そしてこうしたプロファイリングプロセスを通じて、特に適切であると思われるRMCCのサービスモデルに焦点を当てたパンフレットを発行しています。

 

ホテル側の課題

  • 優秀な人材を確保し、安定した収益管理を維持することが難しい
  • 以下の要素の複雑化:
    • 収益システムおよびプロセス
    • 競争力の展望
    • 流通環境
  • 激動する経済情勢により市場予測が難しくなっている

RMCCが提供するもの

  • 有能かつ熟練したレベニュー・マネージメント専門家による、統合的な収益管理サービス
  • 最新の知識を維持するための継続的なトレーニング
  • ベストプラクティスを厳守し、一貫性のあるサービスと強固な事業プロセスを保証
  • 事業効率を更に向上させる、競争力のある料金設定

事業上のメリット

  • RevPAR指数を市場を上回るレベルへと引き上げる
  • 1年を通して途切れることのないレベニュー・マネージメント
  • ベストプラクティスおよびシステムを導入し効果的に利用できる
  • 常に進化するレベニュー・マネージメントの最新技術を活用し、競争の優位性を強化できる

RMCC-北中南米 サービスモデル